Hi there
It seems you are visiting this website from the United States. Would you like to navigate to the United States' website instead?
フィリップス補聴器を装用する女性。フィリップス ヒアリンク補聴器には、お勧めのスタイルが豊富に揃っています。

お客様にぴったりのヒアリンク補聴器を探す

補聴器のタイプ

今日の補聴器は、お客様一人ひとりのニーズや好みにできるだけ合うようにカスタマイズできます。補聴器は耳の後ろにかける耳かけ型スタイルや、耳あなに入れる耳あな型スタイルがあります。スタイル、色、機能性も補聴器によって異なります。

補聴器専門家は、お客様の難聴の度合い、補聴器のスタイル、性能、カラーなどお客様の好みに沿って、適切なスタイル選びをお手伝いします。また、フィリップス ヒアリンク補聴器(※)は、お使いの携帯電話やスマートフォン、テレビ、タブレット端末など幅広いデバイスに接続することができます。

※耳かけ型スタイルのみ対応

 

フィリップスHearLink耳かけ型補聴器を正しく耳に装用した状態の耳のイメージ画像

耳かけ型スタイルの補聴器

耳かけ型スタイル は、耳にかけて装用するタイプの補聴器です。補聴器の本体は、耳の後ろにフィットします。

耳の中に入る部分には2種類があります。まず、スピーカーが耳の後ろの補聴器本体にあり、音はチューブを通して耳の中に届けるタイプ(BTE)。もう一つは、耳の中にレシーバーがあり、直接音を届けるタイプ(RITE)です。

フィリップスHearLink耳あな型補聴器を正しく耳に装用した状態の耳のイメージ画像

耳あな型スタイル

耳あな型 (ITE)スタイルは、耳の中つまり外耳道に装用するタイプで、一人ひとりの耳の形状に合わせて耳型を採取して作成するオーダーメイド補聴器です。耳あな型には、さまざまなスタイルとオプションがあります。耳あな型の最小サイズでほとんど見えないIIC(invisible-in-the-ear:アイアイシー)、小さく目立たないCIC(completely-in-the-canal:シーアイシー)、標準サイズのITC(in-the-canal:カナル)の3つのスタイルがあり、スタイルによって外耳道へ納まる位置が少しずつ異なります。

  • Philips HearLink 最小サイズの耳あな型補聴器IIC

    耳あな型IICスタイル

    このスタイルは、軽度難聴から中高度難聴向けの補聴器です。補聴器本体が耳の奥にすっぽり収まり、外から見えない補聴器です。

  • Philips HearLink 耳あな型補聴器CIC

    耳あな型CICスタイル

    このスタイルは、軽度難聴から中高度難聴向けの補聴器です。補聴器本体が耳の中に納まり、目立ちにくい補聴器です。

  • Philips HearLink 標準サイズの耳あな型補聴器カナル (ITC)

    耳あな型ITC(カナル)スタイル

    このスタイルは、軽度難聴から高度難聴向けの補聴器です。やや大きめのサイズのため、操作性を高めるためのさまざまなオプション機能を追加できます。

フィリップスHearLink補聴器の一覧。耳かけ型、および耳あな型補聴器。

フィリップス ヒアリンク補聴器の概要について

A man at a consultation at a hearing care specialist or an audiologist

補聴器取扱店に問い合わせる

Philips HearLink 補聴器をお試しいただけるお近くの補聴器取扱店をお探しいたします。