AIを活用したユーザー中心の聴覚テクノロジー

フィリップスの革新的な補聴器「フィリップス ヒアリンク 50」では、AI(人工知能)を活用したサウンドマップテクノロジーがさらに進化しました。ヒアリンク50はユーザー中心設計のため、ユーザーが自分らしく生活し、好きなことに簡単につながることが可能になりました。

明瞭な音質で、よりクリアな音を届ける

新機能「サウンドガイド」などの先進的な音声処理技術を搭載したサウンドマップ 3は、騒音下でも常に明瞭な音質でよりクリアな会話を届けるするよう設計されています。サウンドマップ 3は、AIノイズ抑制 (AI-NR) と高度な指向性を使用して、騒がしい環境下でノイズを抑えて会話を優先させるため、ユーザーはどんな瞬間でも大切な人とつながることができます。

ユーザー中心の設計

サウンドマップ 3の新機能であるサウンドガイドは、ユーザー中心に設計されているため、自信を持って人とつながることができます。新たに搭載されたモーションセンシング技術が、ユーザーが騒がしい街中を歩いているのか、友人をコーヒーを飲みながらお喋りをしているのか、あるいはグループで会話を楽しんでいるのかなどを検出し、会話やその他の重要な音声をこれまで以上にクリアに届けることが可能になりました。

気が散りにくくなり、交流が活発に

AIノイズ抑制という高度な機能があっても、一部の音は依然として補聴器ユーザーにとって障害になります。サウンドプロテクトは、風切り音や擦れ音といった不要で不快な音を慎重に除去し、ユーザーがよりシームレスなつながりを楽しめようサポートします。

サウンドマップ 3 テクノロジーについて深く知る

  • プレミアムな音質とより多くのストリーミングオプション

    サウンドタイ 3は、大切な人や好きなテレビ番組、映画、音楽などにシームレスにつながることを可能にします。Bluetooth® 低エネルギーの次世代オーディオ規格「LE Audio」に対応し、補聴器とスマートデバイスを接続する選択肢がさらに広がりました。

  • より多くのデバイスでハンズフリー通話が可能に

    iPhone、iPad、およびLE Audioに対応したAndroid™デバイスやWindowsパソコンをヒアリンク50にワイヤレス接続して、ハンズフリー通話をおこなえます。補聴器で音量を調節したり、補聴器から電話に応答できます。

ユーザーにとって好きなこととのつながりをサポートします

ヒアリンク 50補聴器は、ユーザー中心の高度なテクノロジーを基に設計されているため、好きなことに簡単につながることができます。